消費者金融は本当に差し押さえまでするの?

消費者金融からお金を借り入れしたのに返済をせずにいたら、最悪な事態では差し押さえられます。

返済をせずにいたら、まずは督促状が届きます。電話などの連絡もあります。その時に、消費者金融に対して誠意を見せて「○日までには必ず支払います」などと対応していれば良いのですが、そのまま放置したとします。

3ヶ月以上滞納して音信不通でいると、裁判所に訴えられる可能性が高くなってきます。裁判所に訴えられてしまったら裁判を行わないといけなくなります。この状況になると、滞納を続けている方が不利になってしまいます。しかし、この時に消費者金融へ返済の意思を見せて誠実な態度で臨むとまだ「和解」という解決策があります。

和解が成立せずに消費者金融が差し押さえを申し出た場合で、裁判所がこれを認めた時には消費者金融は強制的に差し押さえができるようになります。

裁判所が給料の差し押さえを許可したなら、消費者金融は間違いなく給料を差し押さえるでしょう。確実に返済してもらうには給料から直接返済してもらうのが一番手っ取り早いです。そうなると、勤務先へ消費者金融から連絡が入ることになります。給料から直接差し押さえをするには会社から消費者金融へ振り込んでもらうのが確実です。

この時点で、会社に借金がある事や滞納している事、訴えられている事などすべてがばれてしまいます。会社との関係も気まずくなるでしょう。

そうなってから後悔しても手の尽くしようがありません。そうなる前の、滞納しそうになった時に督促から逃げずに消費者金融に相談することがポイントとなります。

どうしても支払いがムリで消費者金融に払えそうにない時には弁護士に相談することも大切です。払えないからと言って放っておくと後から痛い目にあいます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ≪即日融資可!≫あのアイフルよりも簡単即日融資出来るのはココだ! All Rights Reserved.