レイクで借入れを断られる前に押さえるポイント

レイクには二つの無利息期間の商品があります。無利息期間を選べたり、無利息の金額を選べたりできるのが魅力的なレイクで借入れを申込もうと考えた時には、申し込む前に断られる要因を減らしておきたいですね。

レイクで借入れの審査を受けようと思ったら、申込み条件に合う年齢かどうか、借り入れ金額は年収の三分の一を超えていないか、正社員かアルバイトかといった雇用形態、営業や事務といった職種、製造業やサービス業といった業種、国民保険か健康保険かといった健康保険の種別、勤務先は安定している会社か、勤続年数は一年はあるのか、持ち家か借家かといった居住形態などが審査項目に挙げられています。

レイクではこれらの審査項目を点数にして借入が可能かどうかを判断しています。

それではこれらの審査項目を見て断られるかもと不安になる前に押さえておきたいチェックポイントを紹介します。

一つは借入希望金額が年収の三分の一よりも少ないこと。これは賃金業法の改正に伴って決まっている事なので消費者金融でお金を借り入れしようと思ったら、どこの会社でも押さえておきたいポイントになります。しかし、レイクは銀行のカードローンです。そのため賃金業法の対象にはなりませんが、銀行でも年収の三分の一を超える借り入れには審査に慎重になるので年収の三分の一を押さえておいた方が無難です。

そして、最低でも一年は同じ職場で働いていることが望ましいです。職場を転々としていたらいつ転職をして返済が困難になるのか分からないので、そんなリスクを冒してまでお金を貸したいとは思いません。

他にも、申込書類にウソをつかないことが重要です。ウソをついてもバレます。バレるウソなら初めからつかないほうがマシです。ウソだと分かった時から申込んだ人の信用度は一気に下がってしまい、借入れは断られることになるでしょう。

申し込む時には誠実に、返済できる金額で申込みをすることが審査に通る借入れのポイントになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 ≪即日融資可!≫あのアイフルよりも簡単即日融資出来るのはココだ! All Rights Reserved.